〜ヨガナースの誕生 序章〜

2011年3月

東京に移り仕事(看護師)を始めた。

移り住んで2週間も経たずに大地震が

日本を脅かし、あっという間に世界中へと響かせた。

まだ移り住んだばかりの私には

孤独感は半端なかった。

でもそれ以上に現場は忙しくなり、個人の孤独感よりも

あの東京の街がゴースト化した空虚さが怖かった。

次第に余震も減り、

東京の街も少しずつ人が増え始めた頃

私も外に出るきっかけ作りで

友人からすすめられたヨガを始めてみようとふと考え始めたの。

「あー。前から興味あったしな、やってみようかな」

と、トライアルで何軒か受けて

家の近くのスタジオに通い始めた。

夜勤の出勤前後と、日勤後と

仕事の日はほとんど通った。

それが逆に仕事している自分の調子を上げてくれる感じがしたから。

どんなに疲れてスタジオに行っても

ヨガした後は疲労感よりも、

爽快感が強い。

自分にはヨガが合っていた実感があった。

うん。

調子いい。って。

通う回数が増えて部活並みに。

自分の体と心への変化の実感は

徐々に医療者として

単純に何が作用して自分に合っているんだろう…と

解剖学的に知りたかった。という興味は静かながらもあった。

どこでお勉強できるんだろう…って。

そんな中、

自分の興味でカナダにワーキングホリデーに飛び立った。

偶然しもヨガが熱い国の1つ。

始めはバンクーバー・ウィスラーと滞在。

ヨガは東京以上に生活に落とし込まれている感じだった。

その後もカナダで移動する場所先でも同じ印象。

せっかくならここにいる間に

ヨガの勉強してみよう…と調べた時。

ふと見つけた。

でも

確信していた。

私はここに行くと。

〜ヨガナース誕生 続く〜

#ヨガナース #留学 #きっかけ #朝活ヨガ月の花町屋カフェ #気持ちい

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square